So-net無料ブログ作成
検索選択

色、いろいろ [雑感]

  

  我が家で2度目の居候生活を送る母に、

  昨年は 「興味が無い」 と言って拒否していた塗り絵を、

  認知症予防にもとっても良いらしいよ! とか何とか、

  今回は、粘り強く説得して、や~~っとその気にさせる事が出来ました。(^^)v


 

  そうしたら、

  おそらくは 三日坊主で終わるかもしれないと思っていたのが、

  意外なことに、ハマってしまった様子で、

  12月初旬から始めて、 既に 10冊を塗り終えようとしています。

            (そのうちの 9冊  ↓  )

   e.jpg

  そして、もう1つ意外だったのは、

  想像以上に上手に塗れていたこと! (@_@;)

       親バカ、ならぬ、   娘バカ?  (笑)

 IMG_4097.JPG

 

IMG_4098.JPG

  「凄い! すごい!!」 と、 私たちや娘たちからの称賛?の声に気を良くした母は

  それはそれは、ものすご~~く嬉しそうで、 

  まるで、木にも登る勢い?(笑)

  そんな母を見ながら・・・

  幾つになっても、 褒められる、って 嬉しい事なんだなぁと、改めて思った次第です。

IMG_4099.JPG

 

  塗り絵を始めるにあたっての必需品は、  勿論 色鉛筆。

  ネットでどれがよいか色々調べた結果、

  やっぱり国産にしよう! と 馴染みのあるトンボを購入。  

IMG_4067.JPG

 

  芯が短くなると 私が削ってあげるのですが、

  削りながら、よくよく見てみると、 初めて知る色の名前が何本かあって・・・ 

      (遠い遠い昔、私も そして 娘たちも使ったハズなのに・・・ね! ^^;)

  

  それはそれで、 とても新鮮な発見でした。

 

  その、 へぇ~~~! と思ったうちの1つが、『なんどいろ』

  漢字で書くと  『納戸色』        とても美しい色合いです。

 

   ==納戸色とは、藍染の一つで、緑色を帯びた深い青色の事。

      赤みの強いものを「縹(はなだ)」といい、赤みが少なくやや鼠色を帯びた色を

      「納戸」という。別名「御納戸色」。江戸城内の納戸の垂れ幕やふろしきに用いられてきた。

      藍色の濃度により濃い順で、紺、縹、納戸、浅葱、甕覗(かめのぞき)となる ==

                                         ( 日本の伝統色 より)

 

  他にも、「ときわいろ」 「まつばいろ」 「べにいろ」 「ふじいろ」 「ふじむらさき」 「すみれいろ」 等々

  声に出して読んでも ほっこりした気持ちになれそうな名前があり、

  このトンボ色鉛筆以外には、どんな色の名前があるんだろう、と

  チョットネットで検索したら・・・(@_@;)

  驚くほどの色の名前がありました!  

 

  特に 和の色 と言うのが気になったので、

  確定申告が済んだら、

  ゆっくりじっくり 探してみようかな・・・? 

 

  ちなみに 今日の空は   『雪色(せっしょく)』  のような色合い。

  予報では 明日の遅くから雪になるとか。

  暦の上では既に春ですが、 肌で感じる春は、 

  まだもう少し先のようです。


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 9

ぶんじん

夢中になれるって、大げさに言えば生きていることを実感するってことかも知れないし。
塗り絵、楽しそうですね。
by ぶんじん (2017-02-08 15:38) 

achami

東雲さん、ごぶさたしています!
お母様のアートな感覚、素晴らしいですよ!
細かく色づけされているし、ワタシには絶対できない(^^;;
by achami (2017-02-09 08:46) 

e-g-g

素晴らしい出来映えです!
これはお母様にとっても良いモノを見つけましたね!
私も母に勧めてみようかなと思います。

微妙な色の違いを楽しむこと、風情がありますね。
花鳥風月や暮らしの中のちょっとしたひとコマから色を発想する、
昔の感性の方が今より豊かだったかもしれません。
ちなみに、納戸色から生まれた納戸鼠は英名ではBlue fog、
同じ色を見ても思い浮かべるものは違う、おもしろいですね。

そういえば、日本の色を集めた色鉛筆もありますよね。

by e-g-g (2017-02-09 17:39) 

たいへー

寄り添えればいいのですが、
我が家は忙しさにかまけて放任しております。
でも、そろそろ手を出さないと・・・という時期ですかね。

by たいへー (2017-02-10 08:41) 

mitu

91歳で、一人暮らしをしている義母の日々に、寄り添いながら
齢を重ねつつ「生きること」を、考えることの多い毎日です
 どうしたら善いのか解らなくなることも多く
よかれと思ってしたことことが、本人のやる気をなくす結果になってしまったり・・・
やがては自分の通る道、いろいろ学ぶことが多いです。

 季節の変わり目、お体ご自愛しておすごしくださいませ(^_^)


by mitu (2017-02-10 08:48) 

東雲

☆ ぶんじんさん
本当にそうかもしれませんね。
「面倒だ!」「難しい!」と言いながらも、
何だかとても楽しそうにしていますから・・・^^


☆ achamiさん
こちらこそ、ご無沙汰しております・・・<(_ _)>
「凄いじゃない!」と言ったら、
「勉強は出来なかったけど、絵だけは上手だと褒められたんだ」
なんて、遠い昔の話しをしてましたよ(笑)
by 東雲 (2017-02-10 13:10) 

東雲

☆ e-g-gさん
ありがとうございます^^
専門家のe-g-gさんからお褒め頂き、
私までも嬉しくなってしまいました^^

>花鳥風月や暮らしの中のちょっとしたひとコマから色を発想する、
昔の感性の方が今より豊かだったかもしれません。

本当にそうかもしれませんね。
今は、其処彼処に人工の色が溢れていて、
“発想”することをしなくなった、というか 鈍感になったというか、
色に対するイメージ、感性が変わって来ているのでしょうかね?

『納戸鼠』 という色もあるのですね!
調べてみたら、とても深い色合いでした。

それから、日本の色を集めた色鉛筆も知りませんでした( ..)φメモメモ
探してみようと思います! ありがとうございます^^


☆ たいへーさん
お久しぶりです! お元気でしたか?
近くに住んでいるなら、私も可能な限り放任したいのですが(笑)
毎日限られた空間で窮屈な想いをしているかと思うと、
致し方ない、と言うのが本音ですよ~^^;


☆ mituさん
私も、ここ数年、生きることや死ぬこと、自分の老い等を
あれこれ考える事が多くなりました。

91歳のお義母様に寄り添う・・・、それもまた色々なご苦労がおありかと。
自分の母でさえ、どれくらいの距離感で接したら良いのか判らなくなって、
そんな事がまたストレスになったり。^^;;

ありがとうございます。
mituさんも お身体を大切にしてくださいね。
by 東雲 (2017-02-10 14:07) 

タックン

こんばんは。
雪はどうですか〜
こちらも予報にはなかったのに、午後から雪になりました。
通信隊も真っ白です。
お母様の「大人の塗り絵」、シックな色合いでさすが大人の塗り絵ですね、素晴らしいです♪
色ひとつにしても日本語って深いですね。
納戸色など初めて聞きます。藍色の一種とか、興味が湧きますね。
by タックン (2017-02-10 20:37) 

東雲

☆ タックンさん
こんばんは!
雪は、思っていたほどは降りませんでした。
それよりも凄かったのは、台風の様な強風!!!
雪は時折その強い風に乗って舞うように、
降ったり止んだりで、どちらかというと久留米などの
福岡の南部の方が沢山降ったようでした。

通信隊は、また雪化粧したのですね?
明日の朝の様子が楽しみですね!(なんて、チョット不謹慎でしょうか?)

母は、10冊目の塗り絵を終えて、今はまた、
私が勧めた、ジグソーパズルに挑戦しています^^
最初は40ピースで十分でしょ、と思ったのに
意外にもササッと出来てしまったので、その次は60ピース、
そしてなんと、96ピースも、それなりに苦労しながらも
完成することが出来て、本人も嬉しそうでしたよ。^^
明日はまた、新しい塗り絵を買って来なくては、と思っています。

こちらは今日は最高気温が4℃!寒い寒い1日でした。
タックンさんも、体調崩されませんように、お気を付け下さいね!
by 東雲 (2017-02-10 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。