So-net無料ブログ作成
検索選択

雪国の春景色 [日記]

 冬季間の居候生活を終えて、また“恋しい我が家へ帰る” という母を送り届ける為 、帰省・・・。

 20日間程 実家で過ごし、戻ってみたら、当時満開だった桜は既に葉桜になり、(当然ですが)
IMG_4651.JPG

    新緑が眩しい季節になっていました。

  IMG_4643.JPG


 我が家からも見える、 この可也山(通称 筑紫富士、または 糸島富士)も、
 
 濃い緑や薄い緑を纏って、とても生き生きと輝いて見えました。
 
 
 
 (なのに、せっかくの鮮やかな新緑も、一昨日からの黄砂の飛来で、
 
  空も山々も、景色全てが霧の中にあるような感じで、外に出るのもはばかられる状態ですが・・・。)

 



 
 その、実家へと向かう機内から見えた 佐渡島・・・(4月10日)
 
 母の肩越しにシャッターを切ったので、チョットボケ気味ですが、(^_^;)
 
 奥に見える山々が、まだ雪を纏っていました。

DSCN1874.JPG

 

 5ヶ月ぶりの実家は、家の裏や庭先に雪が残る、まだまだ春浅い状況で、

 桜は勿論のこと、木蓮も椿も固い蕾のままで、色の無い、寒々した風景の中にありましたが、

 滞在していた間にポツリポツリと、少しずつ春色を増した草花等を、カメラに収めて来ました。


 まずは、庭の池の傍に、毎年可憐な姿を見せてくれる、雪割草・・・
DSCN1877.JPG
DSCN1878.JPG
DSCN1882.JPG
DSCN1880.JPG 
IMG_4492.JPG
IMG_4491.JPG
DSCN1635.JPG
DSCN1634.JPG 


 その傍らに咲く、福寿草
DSCN1879.JPG
IMG_4493.JPG

 池の隅っこで、凛とした姿を見せてくれた水芭蕉
DSCN1644.JPG

       裏の雑木林では、ひっそりと咲く二輪草の姿も・・・
     IMG_4598.JPG

     DSCN1651.JPG


   可愛らしい姿のムスカリも 其処彼処に顔を出し・・・ 
DSCN1905.JPG
DSCN1893.JPG


   家の前の 川景色・・・
kawa.jpg

      4月26日に満開を迎えた近所の桜・・・
   IMG_4574.JPG
          IMG_4573.JPG

   遠い遠い昔は、この桜の木の下で、缶蹴りやビー玉など、幼なじみ等とよく遊んだものです。
       IMG_4572.JPG

 
    他にも 可愛らしい姿が、あちらこちらに・・・

    
  DSCN1904.JPG


DSCN1901.JPG

     DSCN1902.JPG



  山芍薬の蕾 (今朝の母からの電話では、真っ白い花を咲かせた、とか・・・)

DSCN1900.JPG


  エイレンソウ

DSCN1903.JPG

   
   そして・・・


     ふるさとの 雪解け水は、と~~っても冷たく、もの凄く透明でした。
kawa2.jpg

       kawa3.jpg
   IMG_2134.JPG

               IMG_2137.JPG



DSCN1646.JPG 


 
  

   以上・・・
   
   雪国の春景色・・・  


  最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

 

nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 7

achami

植物園に行かなくても、東雲さんのご実家では春の妖精が楽しめます。
なんとも羨ましいです〜♪
by achami (2017-05-09 12:12) 

mitu

田植えの終わった田んぼ、雪解け水の流れ、雪割草、桜・・・
どの写真も、生き生きと輝いていますね。
by mitu (2017-05-09 22:12) 

タックン

もう福岡に帰られたのですね。
少しでものんびりできるといいですね。
ご実家の庭に雪割草や水芭蕉があるなんて羨ましい^^
川のある風景もいいですね〜
こんな風景を求めて移住したいという人もいるのでは^^
by タックン (2017-05-10 11:36) 

東雲

☆ achamiさん
自然の、ありのままの姿を堪能出来るのは、
ある意味幸せなことなのかもしれませんね!(^_-)-☆


☆ mituさん
ありがとうございます。
自然が織りなす美しさは、何物にも代えがたいものがありますよね。

☆ タックンさん
はい! 結局、娘たちの所にも寄らずに、1日に直帰(笑)しました。^^;
生まれた時から身近に“川”があったので、家に居た頃は当たり前に
思っていましたが、離れてみて、改めて感じる良さってありますね・・・。
梅雨時など、大雨が降った時の川の氾濫は、恐怖でもあるのですが。
明日は、義姉(義父)の所に行ってきま~す。(^^)/

☆ ぶんじんさん
 ありがとうございます。
by 東雲 (2017-05-10 20:16) 

toro

こんにちは。お疲れさまです。
土地柄なのでしょうか。植物がとても繊細そうに見えます。
本当に水芭蕉があるなんて、なんて素敵なのだろうと。
たしかに川はこわいですよね。いいなあと眺めるけれど……。
ゆっくりできるときはゆっくりしてくださいね(^。^)

by toro (2017-05-11 12:09) 

たいへー

いろいろな思いで帰郷。
良くも悪くも思い出なんでしょうね。
by たいへー (2017-05-12 07:49) 

東雲

☆ toroさん
ありがとうございます。
池には鯉も沢山いたのですが、父の他界を機に
親戚に引き取ってもらい、今はこうした植物やアメンボウなどが居るだけ。
そうそう、写真には撮らなかったのですが、ザゼンソウもあります。

川の氾濫は、幼い頃から体験しているので、
大雨の時期は、気が気ではありませんね・・・。
ゴーッ ともの凄い音をたてて流れてくる鉄砲水の恐ろしさは、
何十年経った今でも、しっかり記憶に残っています。


☆ たいへーさん
年々年を重ねる母を伴っての移動は、正直大変で、
いつまでもこういう生活を続けられないのだ、と
先日話しをしたところです。
色々な想いを抱えながら、今後に頭を抱える日々です。


☆ e-g-gさん
niceをありがとうございます。
by 東雲 (2017-05-14 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0