So-net無料ブログ作成

通り過ぎる秋の中で・・・ [ひとり言]

   

コスモス.jpg

 

コスモス畑で.jpg

 

コスモス畑で2.jpg

   

     今朝(6日)の、“心旅(NHKBS)”で、 正平さんが乗ってた電車ですよ~~  

でんしゃと.jpg

 

秋空とコスモス2.jpg

  

  いつの間にか・・・

  夏らしくない夏が去って、 待望の秋がやって来ていた・・・

  と思っていたら、

  あれよ、あれよ・・・、と、 駆け足で時が流れ、

  気が付いたら既に11月!

  大好きな秋真っ盛り!!

  

  毎朝、

  駅のホームに立って見上げる空は真っ青で、本当に美しく、

  少し冷たさを含んだ風に揺れるコスモスも、そろそろ終わりに近づきつつあり、

  “あぁ・・・、 季節が移ろいでいるんだなぁ・・・” と、感じます。

  

  

小さい秋.jpg

 

小さい秋2.jpg

 

鏡山.jpg

 

一葉.jpg  

  時の流れの、早い、遅い・・・、の感じ方は

  その時々の、自分の置かれた状況で、違っていると思います。

  

  私の今は、 “時の流れに身を任せ・・・” て 過ごす毎日。

  

  長い人生の中で、 こういう「時」があってもいいかな?

  なんて思う、今日この頃。

 

  辛かったり、苦しかったり、悔しかったり・・・、

  それらの、行き場の無い感情を持て余して、どうしようもなくなる事もあるけれど、

 

  それも、  まっ! 生きていればこそ、感じ得ること。

 

  ・・・と、 最近、思うようになりました。

    

  

    

 

  

  先日、小椋佳さんが、 生前葬コンサート、なるものを催し、 

  その様子が、 NHKBSで、 前編・後編と、2週に渡り放送されました。

            

  

  小椋佳さんの紡ぐ詩に、心の揺らぎを感じ始めた、高校生の頃を思い出し、

  自分の置かれた“今” という現実と重ね合わせながら、聴き入ってしまいました。

  

  その中でも、特に心に響いたのが、 『山河』 です。

 

    

 

  

                 歳月は心に積まれ山と映り

                 歳月は心に流れ河を描く

                     ・・・

                 ふと想う、悔いひとつなく悦びの山を築けたろうか

                 くしゃくしゃに嬉し泣きするかげりない河を抱けたろうか

                 愛する人の瞳に  愛する人の瞳に

                 俺の山河は美しいかと。  

  

ふるさとのゆうけい2.jpg 

 

  先月、私達夫婦・家族にとって、とても大切な人が、逝ってしまいました。

  

  私達と同い年。

 

  まだまだこれからも、ずっと続くハズであったろう人生を、

  諦めなければならなかった悔しさ、辛さ・・・

  そして、残された人たちの哀しみの深さ・・・、

  そんなやり切れない、行き場の無い様々な想いを すぐ身近に感じながら、

  こうして日々、生かされている事の有り難さを、

  改めてかみしめています。

 

思い出の夕空.jpg

  


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。