So-net無料ブログ作成

葛藤の日々 [ひとり言]

  

  風薫る5月も直に終わり、そろそろ雨の季節。

 

  日に日に、その色を変えて行く山々を見るにつけ、

  時間がとどまることなく移ろっているのだと、感じる毎日。

DSCN1371.JPG

                                庭先の ヤマボウシの花が満開

 

  

  不便な田舎暮らしも、 

  もう・・・、というか、 やっと・・・、というか、 既に2ヶ月以上・・・。

 

  母とふたりだけの生活には、広過ぎる位の家に居ると言うのに、

  どこか窮屈で、何故だか落ち着かなくて、 

  過ぎて行く時間も、 ゆったりなんだか、 早足なんだか分からなくなるくらい、

  宙ぶらりんな、おかしな状態のままの私の横を、淡々と流れて行く。

 

  風に揺れる木々のザワザワした葉音と、その下を流れる川のせせらぎ、

  家の周囲から聴こえてくる 様々な野鳥の美しい鳴き声、等々・・・、

  こんなに 贅沢過ぎる程 のどかな時の中に身を置きながらも、

  私の心の中は、 いろ~~んな想いが入り乱れて、

  サボテンのように、トゲトゲしているのを、自分でもイヤと言うほど感じる。

  

  出るのは ため息ばかり・・・。

 

  結局、 母を私の所に連れて行くのは、 雪に閉ざされる冬の間、だけと、

  それだけは、何としても母を納得させて、連れて行くつもりでいるけれど・・・、

  果たして、どうなることやら。

  

  それまでの間は、 私がここと自分の家を行ったり来たりする・・・、   ことに、

  というか、 そうせざるを得ない状況下で・・・。

  

  致し方の無い事、と頭の中では解っているのに、

  時々、私の心が わぁ~~~~っと 大声をあげて暴れ出す。

  その矛先が、ノー天気(ではないのでしょうが・・・)な母や、都内に住む下の弟に向いてしまい、

  

  その度に 後味の悪さを感じながらも、 また同じことの繰り返しで、

  こういう生活、一体いつまで続けなければならないのだろうか・・・?と、

  眠れない夜に、思いを巡らす。

  

  それにしても、 ここは、本当に不便!

  車なしでは、絶対に生活して行けない、そういう僻地だから、

  免許を持たない私は、 いわゆる“買い物弱者”。

  歩いて数分の所にあったはずの JAのスーパーは とうに無くなり、

  1番近いスーパーに行くのには、バスを利用しなくてはならないのに、

  そのバスも、利用者が殆ど無い為、1時間に1本程度。

  

  そういう諸事情を把握している娘たちが、早々とco-opとネットスーパーに登録してくれたお陰で、

  日々の生活に必要な食料品や日用雑貨など、最低限の事は、どうにかこうにか事足りているけど、

  

  何しろ、 とにかく、 全てにおいて不便!!! 

  

  

  これでは、 私自身のストレスが たまる一方で、

  先ずは、 ネットが使えるようにしなくては!  と、

  テザリングが出来るように、長年慣れ親しんだ(笑)ガラケーを手放し iPhoneに・・・

DSCN1365.JPG

           DSCN1366.JPG

 

 

  これまで特に、ネットに依存していた訳ではないのだけれど、

  こちらに来てからは“使えない”ことのストレスが かなりあったので、

  日々の暮らしに欠かせないものになっているのを、改めて感じた。

  

  

  この地に生まれ、育った私だけれど、

  ここで過ごした時間よりも 遥かに長い時間を他で過ごしている訳で、

  今更、 ここに馴染める訳が無いじゃない・・・、 と

  親戚やご近所様の、様々な声に耳を傾ける、というか、浴びる中で、

  心の中では反発だけがどんどん膨らんで、

  そんな行き場の無い想いを抱えながら、

  未だに “これっ!” という答えが見つからずに、

 

  今日もまた、 暮れて行く・・・。

暮れなずむ.jpg


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。